ページトップへ
2017.07.15

インプラントのコンポーネントリスクについて

インプラントの破折やアバットメント(支台)スクリューの破折、インプラントブリッジのフレームワークの破折、上部構造体の歯冠部分の破損などが生じることがあります。
その他全身的なリスクファクターや局所的なものもまだ多数ありますが、オッセオインテグレーション(骨結合)の成績はインプラントを行う歯科医師とコ・デンタルスタッフの知識、技術、取り組む姿勢に左右されることは間違いありません。
当歯科医院ではインプラント治療において一貫して治療の原理・原則を守っております。

分化した組織では胎児形成や創傷治癒などのように自然に任せ安易に手を加えない事です。それでもあえて人体に手を加えるのであれば誰かが代償を払うことになります。

施術者には治療が失敗だと判明しなくても最終的には患者さんがその代償を払うことになります。たとえリスクがあったにせよ「予後の安全性を維持しながらどのように治療を簡素化できるか」を問うことが極めて重要だと確信しています。

当歯科医院では患者さんとそのご家族のQOLを第一に考えております。

IMPLANT Q&A インプラント治療でよくあるご質問

インプラントの寿命は?リスクは?
患者様からのご質問をピックアップしました。